協力隊はMacを使えるのか

訓練所でよく受ける質問があります。それは「協力隊はMacを使えるのか」というもの。

個人的にはいま新しくラップトップを買うなら、MacBookAir/Pro以外の選択肢は

ないと思っています。それくらい見た目も操作感も洗練されています。

プリインストールのソフトも秀逸です。音楽や写真の管理、映像編集なども

Windowsよりも直感的に操作できて使いやすいです。

 

それなのに協力隊がMacに手を出せないのは、「ポータル」の存在があるからです。

ポータルとは、任国活動中に各種申請や報告書の提出、データの閲覧やダウンロードを行う

ボランティアポータルシステムのことで、隊員にとって避けては通れないものなのですが、

これがInternet Explorerからしかアクセスできないという世にもクソな仕様のため、

MacBookを持っていくのを諦める人が後を絶たない状況なのです。

 

しかし諦めるのは早くて、実は一手間加えるとMacBookからでも

Internet Explorerは開けるということを今日は紹介しようと思います。

 

ここで使うのは仮想化という技術です。難しいことはひとつもありません。

一言で言うと、Mac上でWindowsを動かすというものです。

 

■必要なもの

・MacBookAir/Pro

・仮想化ソフト(Parallels Desktop 9 for Macなど)

・Windows OS(Windows7 Home Premium 64bit Service Pack 1など)

 

■費用

仮想化ソフトとWindows OSあわせて19,000円程度

 

■作業手順

(1)Macを起動

(2)Macにパラレルズをインストール

(3)パラレルズにWindowsをインストール

 

たったのこれだけです。パラレルズ上でWindowsを起動し、最大化しておけば、

トラックパッドの3本指スワイプでいつでも一瞬でMacからWindowsに早変わりです。

 

そしてポータル対策以外にもこのソフトが有用なのは、Macにはなくて

Windowsにしかないフリーソフトなどを諦めないで済むということです。

しかしそんなものは実際はまれで、結局パラレルズからWindowsを立ち上げて

使うのはポータルくらいというのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です