ナミビアの行政区画〜14州とその州都の地名について

ナミビアの行政区画は、州(リージョン)という単位で区切られています。
ナミビアには全部で14の州があり、それぞれに州都を置いています。

今日はナミビアの州と州都の地名を紹介します。解説の都合、
ナミビアを中部、北部、北東部、南部に分けています。

<中部>
コマス州 ウィントフック(首都)
エロンゴ州 スワコップムンド
オジョゾンジュパ州 オジワロンゴ
オマヘケ州 ゴバビス

<南部>
カラス州 キートマンズフープ
ハーダプ州 マリエンタル

<北部>
オシャナ州 オシャカティ
オハングウェナ州 エーンハナ
オムサティ州 オウタピ
オシコト州 オムシヤ ※1
クネネ州 オプヲ ※2

<北東部>
カバンゴイースト州 ルンドゥ
カバンゴウエスト州 ンクレンクル ※1
ザンベジ州 カティマ・ムリロ

以上、全部で14州です。

※1カタカナ表記が一般化していない地名も敢えてカタカナ化しています。
※2クネネ州はエトーシャ国立公園を挟んで下側が中部、上側が北部のイメージ。

(1)ドイツ植民地時代に由来する地名の読み替えについて

こうして字面を眺めてみると、中部と南部にはドイツ系の地名が散見されます。
これは言うまでもなく植民地支配の歴史と関係しています。

最近になって、このようなコロニアルな名前を嫌い、読み替えを進めています。
たとえば、2013年から北東部の「カプリビ」州は「ザンベジ」州になりましたし、
南部大西洋岸の街「リューデリッツ」は「!Nami=Nüs」になりました。

ザンベジはまだしも、!Nami=Nüs(ナミヌス?)は見た目からして難しそうです。
エクスクラメーションマーク、イコール、ウムラウトはクリック音と呼ばれる
舌を縦横に弾いて発音する音を文字に起こしたもので、規則を知らないと読めません。
また規則を覚えたとしても、クリック音はネイティブ(ナマ族)以外には容易に発音できず、
結局昔の名前のリューデリッツで呼ばれることが現状は多いようです。

(2)「オ」で始まる地名が多い北部

北部には「オ」で始まる地名が多いです。これは北部部族語のオシワンボや
オシヘレロの文法規則によるもので、地名を覚えるときにかなりこんがらがります。

たとえば、北部玄関口の街ツメブから国道B1号を北上して北部に入ると、
オシコト州のオシベロ、オムシヤ、オナンカリ、オシャナ州のオンダングワ、
オハングウェナ州のオヌノ、オハングウェナ、オシカンゴと続きます。

途中オンダングワで左折し、国道C46号に入り北西方向に向かうと、
オシャナ州のオングウェディバ、オシャカティに始まって、
オムサティ州のオシクク、オゴンゴ、オウタピと続きます。

オシャカティから北へ行けばオカタナ、オシククから北へ入ればオカロンゴ、
オウタピから南に行けばオカハオ、そこから西へ行くとオプヲといった調子で、
全ての道は「オ」で始まる町に通じているといっても過言ではないです。

これらの位置関係がおよそ頭に入ってくると、
いよいよナミビア北部の住人といった感じになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です