派遣期間中の体重推移(と反省)

任国に派遣されてから先週で1年が経ちましたが、
協力隊は任期の折り返し地点のこの時期に
健康診断を受けることになっています。

一番わかりやすい指標として体重がありますが、
派遣前の健康診断の値を基準に±10kgが閾値と聞きます。

つまり、派遣後に10kg以上痩せてしまったり、
逆に10kg以上太ったりするのはNGということです。

個人的に体重の推移を振り返ってみました。

2012年10月 健康診断時  64kg
2013年6月  訓練所入所時 63kg(−1)
2013年9月  訓練所退所時 66kg(+3)
2013年10月 任国赴任時  66kg(±0)
2014年4月  任国外旅行  76kg(+10)
2014年6月  トレッキング 69kg(−7)

ここ10年くらいは65±3kgの間をウロウロしていて、
訓練所入所時は63kg、訓練所の規則正しい3度の食事で
3kgほど健康的に太り、退所時は66kgでした。

(1)暑すぎて運動不足

1ヶ月弱の現地訓練を終え、ナミビア北部の任地に赴任した11月からは
連日40度超えの暑さで、冷房もなく、家の中を歩くのさえ億劫になり、
一切の運動をしなくなりました。

(2)コーラがうまい

乾季のナミビアは湿度が限りなく0%に近く、それが暑さと相まって、
清涼飲料水をもう飲みまくり。でも、飲まないと死ぬ(本当に死ぬと思う)、
生きるために飲むという感じです。

だから灼けるように暑い途上国で飲むコーラはやたらとうまい。
途上国という埃っぽい雰囲気がそれを助けるのかもしれません。

しかし、1年に数日、旅行者として訪れ、嗜むくらいなら非日常の範疇ですが、
これが習慣化して、毎日がぶ飲みしてしまうことが途上国暮らしの罠です。

(3)ビスケットにハマる

また、南部アフリカでは、パン屋のおじさんのロゴでお馴染みの
ベーカーズというブランドのビスケットがあり、ナミビアでも人気です。
そのシリーズのひとつにイートサムモアというショートブレッドがあり、
その名の通り、Eat Some More(商品名の綴りはEet-Sum-Mor)と思っているうちに
全部なくなっているという危険きわまりないビスケットで、それに一時期ハマりました。

反省を込めて書きますが、イートサムモアを一気食いして、
コーラで流しこんでごろ寝するという日が何日もありました。

(4)グルメツアー

そして4月には隣国ザンビアのリビングストンを訪ね、連日食い倒れ、
たまたま同時期に首都上がりが重なり、やはり連日食い倒れ、
任地に戻って久々に体重を計ったら76kgになっていました。

任地では貧相な食生活をしているので、出掛けると気が大きくなり
反動でつい食べ過ぎてしまうようですが、これも程度の問題です。

(5)トレッキングの前と中で一気にしぼる

さすがに派遣時から10kgの増量はまずいと思い、食事制限を始め、
また6月にはトレッキングが控えていたので、ロードワークを再開。
なんとか70kgを割り込めたものの、体の重さに苦しめられる山行でした。

(6)健康診断に向けて

水分を白湯やお茶で取るようにしてから、体重はさらに減少傾向です。
しかし、またあの暑い夏が始まりつつあり、運動不足が懸念されます。
暑い国で運動を続けるにはどうしたらいいのか、悩みどころです。

派遣期間中の体重推移(と反省)」への2件のフィードバック

  1. すん

    リーダー、お久しぶりです^^今日、任地に午前中戻ってきて、体が痛すぎて横になったら出勤時間を過ぎてしまって、いろんな意味でリフレッシュのために髪を切りに行ったら、「(半年前に比べて)すごく太ったね!!」と言われて、自己嫌悪すぎて、隊員のブログを読んで喝をいれようと思って、リーダーのブログを発見しました(笑)。暑いと汗かくから痩せるかと思っていたのが甘かったです。私も運動不足というか活動以外で動くのが億劫になってしまいます><どうしたらいいのやら・・・お互いダイエットがんばりませう!!

    返信
    1. ブログ管理者 投稿作成者

      すん×2コメントありがとう。健診に向けて絞ったのに、また首都で食い倒れてしまい、絞り直しです。。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です