途上国生活技法Vol.3〜コーヒーの入れ方

途上国でこそコーヒーのある暮らし。

任国の大半は熱帯に位置しているので、
新鮮な豆が現地で入手可能です。

私はタンザニアのモシ(キリマンジャロ南麓)の老舗、
ユニオンコーヒーの豆を買って飲んでいます。

任国生活にはフレンチプレス式がオススメ

一番簡単なのは、豆を手で挽き、フレンチプレスで濾す方式です。

手動ミルはポーレックスなどの小型のものを日本から持っていくといいです。
プレスは小型のものを現地調達しました。

道具が少なくて済み、買い物も洗い物もミニマムなので、アウトドアにも向いています。
停電中でも焚き火で湯を沸かせば飲めるし、フィルターを常備する必要もありません。

フレンチプレス式はペーパードリップと違って紙で濾さないので、豆の油脂も一緒に飲めます。
いまコーヒーオイルの健康効果とともにフレンチプレスが注目されています。

味の面では、ペーパードリップのすっきりした味と比べると、
豆本来の個性がダイレクトに出てくるため、美味しい新鮮な豆を楽しむのに最適です。

ペーパードリップという選択も…

もうひと手間がかかりますが、ペーパードリップ式もオススメです。
一連のプロセスの楽しみとすっきりとした味わいが特徴です。

ペーパードリップ式には全自動マシンもあります。据え置き型のため自宅専用ですが、
おいしいコーヒーを何杯も同時に作れるため、家族暮らしや来客の多い家向きです。

■フレンチプレス式コーヒーの入れ方(カップ1〜2杯)

用意するもの
□水
□豆
□電気ケトル/やかんと火
□ミル
□プレス
□コーヒーカップ/マグカップ

作業時間
・10分

作業手順
1.電気ケトルや焚き火などで湯を沸かす
2.その間にミルに豆を入れて手で挽く(20gで2分くらい)
3.プレスに挽いた豆と湯を入れて4分蒸らしプレスする
4.カップに注ぐ
以上

■ペーパードリップ式コーヒーの入れ方(カップ1〜2杯)

用意するもの
□水
□豆
□電気ケトル/火
□やかん
□ミル
□ドリッパー
□紙フィルター
□コーヒーカップ/マグカップ

作業時間
・12分

作業手順
1.電気ケトルで湯を沸かしやかんに移す/焚き火にやかんをかけ湯を沸かす
2.その間にミルに豆を入れて手で挽く(20gで2分くらい)
3.マグカップ上にドリッパーを置き、フィルターを敷き、その上に挽いた豆を載せる
4.やかんでドリッパーの上から湯を注ぐ
以上

■ペーパードリップ式全自動マシンでのコーヒーの入れ方(カップ〜5杯)

用意するもの
□水
□豆
□全自動コーヒーメーカー
□紙フィルター
□コーヒーカップ/マグカップ

作業時間
・2分

作業手順
1.コーヒーメーカーに水、フィルター、豆を入れてスイッチを押す
2.カップに注ぐ
以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です