洗濯機のない暮らし

任地に赴任して3日目くらいに、ふと重大なことに気が付きました。
居候をさせてもらっている教員寮には全自動洗濯機がない。

30年以上何気なく洗濯機とともに暮らしてきましたが、
ここに来て人生初の洗濯機のない生活が始まりました。

長旅で服がなくなり、その場しのぎで手洗い洗濯することはあっても、
日常的にするのは想像以上に大変で、慣れるのに時間がかかりました。

<用意するもの>
◎水
◎たらい
◎洗濯洗剤
◎洗濯ひも
◯洗濯ばさみ
◯洗濯かご
◯ハンガー

<所要時間>
・作業・・・30分程度
・つけおき・・・1時間程度(洗濯洗剤による)
・干し・・・3時間〜半日程度(湿度など任地の環境による)

<手順>
(0)汚れ物が溜まってきたなと感じたら作業開始
(1)たらいに水(できればぬるま湯)を溜める
(2)洗濯洗剤を一掴み入れてまんべんなく溶かす
(3)服を畳んだ状態で浸し、裸足で30秒程度踏む
(4)1時間程度つけおく
(5)水を切る→新しく水を溜める→裸足で30秒程度踏む
(6)水を切る→新しく水を溜める→裸足で30秒程度踏む
(7)服を手前からくるくる丸めて押し出すようにして絞る
(8)ハンガーや洗濯ひもに吊るして半日干す
(9)乾いたことを確認したら畳んで仕舞い作業終了

<ポイント>
・毎日だと大変なので洗濯かごがいっぱいになる中2〜3日が目安。
・作業だと思うとキツいので、水遊びで涼をとるつもりで楽しむ。
・月に1度くらいは洗濯機の借りられる宿に泊まって、しっかり洗う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です